雨の日の治療の重要性

2018.06.22

雨の日の治療の重要性

皆さんこんにちは(^^)

梅雨時期になりましたね、、、。

お身体はダルくなったり、頭痛がでたり、古傷が痛んだりなどございませんか?

 

本日は、そんな梅雨時期の治療の重要性についてお話しします!!

雨の日、、、以下の症状はでてきていませんか?

頭痛

身体の重だるさ

シビレ

古傷が痛い

筋肉がハリやすい

原因は、気圧の変化による自律神経の乱れと細胞の膨張です!

 

雨が降ると・・・

気圧が下がる

  

細胞が膨らむ

  ↓

血管、神経を圧迫する

  

体調が悪い、頭がいたい、体が重い

 

このような症状が出る前に!

血行を良くする治療が必要です!

今からしっかり治療をしていけば、7月8月のクーラー病の対策にもなります。

体調が悪くなる前にお身体をよくしていきましょう\(^o^)/

 

 

 



院長 片山 涼